花粉と肌荒れの関係


こんにちは!Salon de Neigeでございます。

いつもネイジュのブログをご覧頂きありがとうございます!


花粉症とても辛いですよね(;_;)

この時期は肌荒れもしてしまう…という方も多いのではないのでしょうか?


冬から春へと季節が変わる時期は寒暖差も大きく

健康な人でも少なからず肌の潤いが減り、

肌の水分と油分のバランスを調節しているバリア機能が低下してします。

バリア機能が低下した肌は

花粉を肌へ侵入させてしまうことがあり、

体は異物と認識した花粉を追い出そうと攻撃を始めて

アレルギー反応が炎症となって現れて、ひどいかゆみや湿疹になります。

また、マスクやティッシュによる摩擦・刺激も

肌の潤いを保つ為のバリア機能を低下させます。


((そんな花粉による肌荒れの対策))

〇洗顔で花粉を洗い流す

顔に付着した花粉を長時間放置するのでは禁物です。

手と洗顔料の摩擦で肌を傷付けないように

しっかり泡立てて、泡をクッションにするように擦らずに優しく洗いましょう。

洗顔後の水分の拭き取りはゴシゴシ拭かずに

タオルでそっと押し当てるように拭きます。


〇しっかり保湿をする

乾燥はバリア機能を低下させます。

外部からの刺激を守るバリア機能を保つ為には保湿は必須です。


〇日焼け止めを塗る

肌を守ってくれる役割もあるので

日焼け止めを塗って花粉が肌に直接付くのを防ぎましょう。

花粉をバリアしてくれる効果がある日焼け止めを使うのも〇


花粉対策をしっかりしてこの時期を乗り切りましょう♪