肌に優しい日焼け止めの選び方


こんにちは!Salon de Neigeでございます。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!


紫外線は年中降り注いでいます!

日焼け止めを塗らずにいると、

日焼けしたり、その他にもシミ・しわ・たるみなどの原因に!

紫外線は皮膚の深いところまで侵入し、

真皮にある皮膚を若々しく保つ為のコラーゲン(ハリ)・エラスチン(弾力)

の形を変化させ、肌に大きなダメージを与えます。


毎日使う日焼け止めなので、出来るだけお肌に優しいものを選びたいですよね♪


日焼け止めには紫外線吸収剤使用のもの、

紫外線散乱剤使用のものの、2種類があります。


肌に優しい、低刺激のものを選ぶなら

「ノンケミカル」と表記されている

紫外線散乱剤使用の日焼け止めを選びましょう!


紫外線吸収剤とは…

受けた紫外線を一度吸収して、化学反応によって

熱などのエネルギーに変換する事で、

紫外線が皮膚まで到達するのを防ぎ放出する働きをする。


メリット:透明で白浮きしない。

     少量で紫外線防止効果が高い。


デメリット:肌の上で化学反応が起こるので、敏感肌の方などには、

      紫外線を吸収する時に肌にチクチク刺激を感じたり

      赤みや湿疹が現れたりする場合もあり、

      悪化するとアレルギーを起こす事もある。


紫外線散乱剤とは(ノンケミカル)…

紫外線を肌表面で散乱・反射させ、紫外線の影響を防ぎます。


メリット:天然成分で肌に優しい。

     低刺激なので敏感肌の方でも使用できる。


デメリット:白浮きしやすい。

      汗に弱い。


散乱剤使用の日焼け止めには、白浮きしやすいという問題がありますが、

それを解消する為にナノ粒子を配合している場合があります。

粒子を小さくしてベースの配合を良くしているもので、肌への浸透が懸念されています。

実際に肌への浸透の影響はまだ明確にはなっていませんが、

より肌へ優しいものを選ぶ場合は

「ナノ粒子不使用」や「ノンナノ」と記載されているものを選ぶと良いです♪