日焼け後のケア~外側から~


こんにちは!Salon de Neigeでございます。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!


うっかり日焼け止めを塗らずに外出してしまった!

日焼け止めの塗り直していたにも関わらず日焼けしてしまった!

シミになってしまう(;_;)

と思った方!!大丈夫です!諦めないでください!笑


日焼け後、シミの元となるメラニンが作られ始めるのは

紫外線を浴びてから3日後と言われています。

なので日焼け後のケアは3日以内が勝負です!

素早くケアをすれば美肌を保つ事が出来ます(^^)


まずは日焼けの仕組みについて…

紫外線を浴びると肌の内部では、肌を濃くする働き・紫外線から

肌の細胞を守る役割のメラニンが大量に作られます。

メラニンが紫外線を吸収して真皮(美肌成分を作り出している細胞)への

侵入を防ぎ、ダメージから細胞を保護しています。

紫外線を浴び過ぎた事により、肌は乾燥してターンオーバーが乱れ、

大量のメラニンが排出されずに

肌内部に滞留して、それがシミになってしまいます。


【外側からのケア方法】

〇しっかり冷やす

日焼けは軽い火傷をした状態と同じです。

日焼けした肌をそのままにしておくと、ダメージを受けた肌の回復が遅れてしまい

ターンオーバーが乱れてシミの原因になります。

まずは冷やしてほてり・炎症を鎮めましょう。

流水・濡れたタオル・氷や保冷剤をタオルに包んで患部に当てると良いです。


〇たっぷり保湿する

日焼けによって肌の水分が失われて乾燥します。

乾燥している肌はバリア機能が低下していて

かゆみ・痛みなのを引き起こしやすくなっています。

化粧水で水分をたっぷり補給してください。

化粧水やパックなどを冷蔵庫で冷やしておき、

冷やしながら水分を送り込んであげると一石二鳥!


素早くケアすればシミになるのを防ぐことが出来ると言われています!

うっかり日焼けしてしまった時はしっかりケアしましょう♪