ミドル脂臭をなくしたい!


こんにちは!Salon de Neigeでございます。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!


今日は気になるニオイ、ミドル脂臭の予防・対策についてお話しします♪


【ミドル脂臭】

◎殺菌・代謝抑制と共に、ねっとり頭皮脂ごとしっかり洗浄!


40代になると男性がよく汗をかく部位は「ワキ」から「後頭部~首の後ろ」

へと変化していくそうです。

このように「後頭部~首の後ろ」の汗は多くなると「ミドル脂臭」が発生する可能性が高くなります。

また、40代になると加齢により頭皮脂が粘性の高いねっとり頭皮脂に変化し、

「ミドル脂臭」はその頭皮脂に蓄積します。

「ミドル脂臭」のケアをする為に適したシャンプー方法をご紹介します!


1.髪をブラッシングする

ブラシや手ぐしで髪をとかし、スプレーやジェル、ワックスなどの整髪料や、髪の汚れを浮き上がらせ落としやすくします。


2.お湯で髪と頭皮の汚れを洗い流す

シャンプー剤を付ける前に頭皮まで届くように38~40度のシャワーで1分程度しっかり頭皮を洗いましょう。

ワックスなどの整髪料で髪が束になったり、固まったりしている場合は、手で髪をほぐしてから流してください。

粘度の高いミドルの頭皮脂もやわらかくなり、落としやすくなります!


3.頭全体を丁寧に洗う

頭皮に泡は届きづらいのでシャンプーを泡立てたら意識してしっかり泡を頭皮に密着させます。

額の生え際から襟足まで頭全体をしっかりと洗います。

抜け毛を気にして、しっかり洗わないミドル男性もいるかもしれません。でもそれは反対です!

男性のシャンプーは「頭皮を洗う」という意識が大事です!

清潔な地肌こそ、良い育毛環境といえるのです。

この時、頭皮が傷つかないように爪を立てずに指の腹で小刻みに動かして頭皮を優しくマッサージするように洗います。


【汚れ具合の目安】

皮脂や汚れが多いとシャンプーが泡立ちにくいので、

シャンプーの泡立ち加減が頭の汚れ具合を見るポイントです!

シャンプーの泡立ちが悪い場合は2度洗いをおすすめします。


4.洗い流しも手指を優しく小刻みに動かす

指を小刻みに動かして、頭皮を優しくマッサージするように、地肌に残った泡をしっかり洗います。


5.髪だけじゃくなく、頭皮も乾かす

濡れた髪はキューティクルが開いている状態のなので、摩擦でめくれて傷みやすくなっています。

タオルを頭にのせ、タオルの上から頭に指を立てて地肌を優しく拭いていきます。

また、湿った状態の頭皮は細菌が繁殖しやすい環境なので、

濡れたまま放置すると細菌の代謝によりニオイが発生し髪や頭皮が生臭くなってしまいます。

なのでしっかりとタオルで髪と頭皮の水分を拭き取ってドライヤーで髪だけでなく頭皮までしっかり乾かしましょう!


普段のシャンプーを少し気をつけてミドル脂臭をなくしていきましょう☆