マスク老化とは?


こんにちは!Salon de Neigeでございます。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!


マスク老化というのをご存知でしょうか?


マスクで顔が隠れていると

見た目への意識がゆるくなったり、無表情になりがちです。

人と話すことが減り、表情筋が徐々に衰えてしまいます。

次第に顔全体にハリがなくなって目元や口元が垂れ下がってきたり

シワが目立つようになったり…

それはマスクが原因かもしれません(;_;)


マスク老化を食い止めるには?


〇表情筋を鍛える

・口周りの表情筋である口輪筋を鍛える

1.唇を閉じて頬に空気を入れる

2.口内の空気を右に移動させて5秒間キープ

3.口内の空気を左に移動させて5秒間キープ

4.口全体に空気を入れて5秒間キープ

これを2~3回繰り返す


・頬のたるみやほうれい線に影響する大頬骨筋、小頬骨筋を鍛える

1.口を閉じて少し口角を上げる

2.口角を上げ、口を開き「ニッ」と笑い5秒間キープ

3.力を抜き口を閉じる

これを2~3回繰り返す


〇自然繊維のマスクや立体構造のマスクを選ぶ

綿や絹素材のもの、肌に触れる面積が少ないマスクを選ぶと良いです。

肌と繊維が擦れて摩擦が起こり

角層の表面が刺激されると肌のターンオーバーが乱れやすくなり

バリア機能が低下します。

バリア機能が損なわれたお肌は、肌の水分を保持できず

ちょっとした刺激にも反応して赤みやニキビができてしまったりします。

乾燥しているとシワ・たるみの原因にもなります。


マスクで見えないからと、見た目への意識が少なくなりがちですが

お顔の表情はとっても大事です♪

少し意識してマスク老化を阻止しましょう(^^)