マスクによる肌トラブルの予防~インナーケア~


こんにちは!Salon de Neigeでございます。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!


前回は外側からの予防方法をご紹介しました。

今回は肌荒れしにくくする為に、内側から気を付ける事をご紹介していきます♪


〇食事

肌荒れと腸内環境には関係があります。

おすすめは体の代謝を良くしたり、免疫力をアップさせる働きのある善玉菌を増やす

納豆・味噌・ヨーグルトなどの発酵食品、

善玉菌の栄養となる海藻・ごぼう・こんにゃく・きのこ

などの食物繊維を積極的に摂りましょう。


〇運動

血流やリンパの流れが悪いと

肌荒れ・むくみなどを引き起こします。

ただし、激しい運動は肌の老化を加速させる活性酸素が発生してしまうので

逆効果です。ストレッチやヨガ・ウォーキングなどがおすすめ!


〇睡眠

肌の修復や再生を行う成長ホルモンは睡眠中に活性化します。

朝食にトリプトファンを含む良質なたんぱく質を摂ると

約15時間後に睡眠ホルモンが生成され良い睡眠につながります。


トリプトファンを多く含む食品…

納豆・豆腐・などの大豆製品

チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品

牛肉・卵・鶏肉・ナッツ・バナナなど


ニキビや肌荒れなどの肌トラブルがなくなるように

普段の生活で少しずつ気を付けてみましょう(^^)